カフェカブミーティング2019in青山に参加してカブ散歩であの場所へ。

毎年、青山のホンダ本社で開催されるカフェカブミーティング。

去年はまだカブオーナーじゃなかったので参加出来なかったんです。

別に見に行くだけならカブオーナーじゃなくても良いみたいだけど、せっかくなら参加したいなと。

去年の今頃は

「世界一売れてるバイクって何が良いんだろう?カブ欲しいな。乗った事はあるけどオーナーにならないと分からない事多いだろうな」

と宗一郎の遺産に憧れてた時期でした。

「でも安心して全開に出来るのが良いな」

僕にとってストレスとは我慢して走る事。

混んでるとかなら諦めるけど、空いてるなら心おきなく全開にしたい。

となると今どきの125ccとかは速すぎる!

大型程じゃないけど、気持ち良く全開かますと結構簡単に法定速度をぶっちぎります。

となるとベストな選択肢は51cc以上でなるべくパワーが無いヤツ。

かと言って、極端に古いのは探すのも維持も大変。

じゃあカブ70だろ、と。

スタイルも、自分が子供の頃、そば屋のおっちゃんと言えばこの形、というイメージの昭和のカブ!

それに、やっぱ実用性!

バイクを仕事として使うようになってから、気付いた事があります。

バイクには2種類ある!

攻撃魔法型バイクと回復魔法型バイクだ!

何処かのバイククラブの髭のおじさんみたいな言い回しですが、

攻撃魔法型バイクとは、自分が元気で気力体力も充実してる時に抑えきれない程の衝動を爆発させてくれるバイク。

例えばレース用バイクとかSSとか。

対して回復魔法型バイクとは、あんま寝てねぇから眠いな、何か熱があるっぽい、仕事行きたくねぇ、朝から土砂降りかよ超萎える、今日も残業かよ、もうヘトヘト、って感じの気力体力がボロボロの時に優しい楽チンな乗り味で乗り手を助けてくれるバイクです。

これがビジバイに求められる重要な要素です。

ロングツーリング系バイクにも癒し系要素はありますが、長距離に合わせた特性なのでビジバイのそれとは少し違います。

ロングツーリングって、遠くに行く、知らない景色を見る、知らない事に出逢う、知らない人に出逢う、どんな楽しい事があるんだろう?ドキドキする。

長距離走って身体は疲れていても心はむしろ超元気です。

そこが仕事用バイクとは正反対です。

ただ、これは仕事=疲れる事、という価値観の前提です。

仕事を趣味だと言い切れる人、お金と時間が無限にあったら、何より先に仕事がしたい、という人には当てはまりませんが。

カブっておじさんの乗り物ってイメージがありますよね。

たまに若者も乗ってますが、やっぱりおじさん率は高いと思います。

おじさんは体力無いから楽なバイクを選んだ?

そうでしょうか?

機能的に楽かどうかと言うならカブよりスクーターの方が更に楽です。

おじさん達は体力の問題でカブに乗ってる訳じゃないんです。

おじさん達が本当に疲れているのは身体じゃなく心です。

こんなに働いても生活が苦しい、仕事が嫌で堪らない、妻が浮気した、息子がヒキニート、上司の顔見るだけで胃に穴が開く、リストラされた、ガン告知を受けた、若い頃みたいな夢が見れない、などなど。

人によって事情は様々ですが、おじさんになると若い頃のように気楽に楽しいだけじゃ生活出来ません。

そんなおじさん達の心の腫瘍に少しだけ回復魔法をかけてくれるのがカブです。

肉体的な楽ちんさならスクーターの方が楽です。更に言えば車の方が楽です。

だけどカブには乗らなきゃ分からない不思議な魔法があるような気がします。

この魔法の正体が何なのか、最近ずっと考えてるんですが、まだ分かりません。

そういえば、モンキーに乗っている時も心がホイミされていく気分になる事があります。

心だけトロピカルな南の島に飛んでっちゃったような。

となるとカブって言うより横型エンジンの持つ魔力、回復魔法なのかな?

この魔力を持っているのは今の所、モンキーとカブだけです。

昔乗ってたのんびり系エンジンのバイク、ハーレーや国産ビッグシングルでもこの魔力はありませんでした。

今うちにあるホンダ縦型のドリームとXRは横型にとっては4mini界ではライバルです。

でも回復魔法の強さなら横型の圧勝です。

縦型はどちらかと言えば攻撃魔法型バイクです。

得意なステージが違うのでどちらが良いとは言えません。

ひとつ確実に言えるのは、僕には縦横両方必要です。

のんびりしたり熱くなったりを繰り返しながら心のバランスを保つ為に。

のんびり担当の横型。

のんびりキャラを演出する為に重要なファクターとなっているのが一次側クラッチによるフライホイールマスです。

重たいクランクがゴットンゴットンと回るのでスロットルに対するレスポンスがのんびりした感じになり、低回転域でトコトコ走る時に、少しスロットルが動いただけでエンジンが過敏に反応する事が無くなり、のんびり走る事が快感になるんです。

これが、大きな排気量になっちゃうとスロットルに対してドコドコンと前に出ちゃいます。

それはそれで楽しいんですが、のんびりするからこそ癒される、回復魔法。

これがVツインやビッグシングルをも上回る、横型エンジンの最大の長所だと思います。

突然ですが横型エンジン対決です。

カブvsモンキー!

両車を所持して仕事にも遊びにも使っている僕の感想を少し書きます。

カブがモンキーよりも圧倒的に勝ってる所は間違いなく雨の日です。

買う前からある程度予想はしてましたが、予想以上でした。

元からノーマルで付いてる耐候パーツはレッグシールドとチェーンガード、やや大きめのフェンダーくらいですが、これだけでもかなり効きます。

レッグシールドがあるだけで、弱い雨ならポンチョを被るだけで殆ど濡れません。

つまりカッパを脱ぎ着する時に一番面倒臭い、カッパのズボン履いて長靴履いてカッパの裾を長靴の外側にベルクロで留めて・・・という手順を省略出来るんです。

特に夏なんてカッパ着るだけでも暑くて嫌ですからね。

次にチェーンガード。

チェーンガードがあるとメンテが超楽です。

殆どのバイクはチェーンカバー、つまり、チェーンの上側だけにカバーが付いています。

チェーンから飛んで来る油や泥でズボンがベトベトにならないように。

でも、それだけじゃチェーン自体は雨ざらしです。

正確には地面に溜まった泥水をタイヤが跳ね上げてチェーンにかかります。

泥水なので砂粒が混じってます。

その砂粒がチェーンとスプロケの間やチェーンのリンクの間に入り込んで金属面をガリガリ削ります。

そのまま放っておくと、あっという間にチェーンとスプロケはボロボロになります。

チェーンが切れたらどうなるかは今さら書きません。

下手すりゃ足の骨が見れると言っときます。

でも雨の度に毎回チェーン掃除は流石に面倒臭い!

特に仕事で乗るなら。

雨の中、一日中バイクに乗って働いて、疲れ切った身体を引きずって、かなり遅い時間にやっと家に帰り着く。

明日も早い。すぐ寝たいのに、チェーンは泥だらけ。

どうします?

・・・僕なら寝ます。

流石に嫌です。

でもこれが梅雨の時期だったら、泥だらけのチェーンのまま一週間走り続ける、なんて事もあるでしょう。

ドロドロチェーンのまま、信号の度にフル加速して登り坂を上り、エンジンブレーキまで使えば完璧です。

どんな高級チェーンでも、すぐにダルッダルになります。

カブのチェーンガードはチェーン全周を覆ってます。

70年代の暴走族映画宜く波打際で全開バリバリでもしない限りチェーンが泥だらけになったりしません。

普通のチェーンカバーだけのバイクで晴れの日に走ってるだけでも多少の埃はチェーンに付くので、カブのチェーンガードは雨でも晴天時のチェーンカバー以上にチェーンを守ってくれます。

チェーン関係で一番大事な事は雨の後すぐに掃除する事です。

チェーンのコンディション次第で後輪出力が10%以上変わるそうです。

10%も変われば立派なチューニングですね。

長く乗り続ける為に面倒臭い事はなるべく排除するって大事ですよ。

次に大きめのフェンダーです。

カブのフェンダーは前後共にかなり広範囲までカバーする長いフェンダーが付いてます。

雨の日にタイヤが跳ね上げるのは泥です。

アスファルト上の水溜りでも結構な量の砂粒や埃が混ざってます。

天から降って来る雨は、ほぼ水分なので人間は防水した方が良くても、バイクには大した害はありません。

改造車は別ですが。

バイクにとって一番マズイのは泥が可動部分に入る事です。

泥が入りやすい所として、例えばハンドルロックのキーシリンダー。

走行中は使わない物だけど、無いと不便な物です。

実用車としては超重要です。

ここのメンテ記事もあるので興味あれば読んでね。

ホイール周りはもちろん、三つ又のボトムベアリング周辺も小さいフェンダーのバイクで雨天時に走ると泥が溜まってる事があります。

それを最初の段階で出来るだけ減らしてくれるフェンダー。

カブの耐久性伝説の一端を担ってると思います。

カブの長所は他にも積載とかタイヤサイズ故の走行安定性とか色々ありますが、

僕はこの雨天性能が一番好きです。

因みに自動遠心クラッチについてはどっちでもいいです。

当時の蕎麦屋さんにとって左手で岡持ちを持つ事が重要なのは分かりますが、マニュアルクラッチに慣れてると、左手でクラッチ操作出来る方が便利かな、と思う事も多いです。

次はモンキーの方が勝ってる所。

カブも充分なリラックスポジションなんですが、街中をチョコチョコ走る為にちゃんと荷重移動する事を考えてなのか、モンキーよりはステップが後方です。

またUターンでしっかりハンドルが切れるようにハンドルが適度に遠いです。

それに比べたらモンキーはソファーです。

長時間座る時って、少し足を高くした方が楽ですよね。

手の位置は高過ぎず、ダラ〜ッと脱力出来る程度に近い方が楽です。

これがモンキーのポジションです。

手足が丁度良く脱力出来る位置にある。

だから、50キロ以下位でダラダラ走ってるだけならアメリカンバイクより楽です。

車の居ない田舎道をトコトコした時の開放感は格別です。

このダラダラトコトコしてる時の心の開放感、これがモンキーの最大の長所かな。

因みに新型モンキー125だと50のモンキーよりステップとシートの距離があって少し足を踏ん張るような姿勢になるので完全脱力が出来ません。

とは言え、50と比べたらであって楽なポジションである事には変わりないですがね。

あぁ!いかん。また話がぶっ飛びました。

今回はカフェカブミーティングの話でしたね。

参加申込みはウェルカムプラザ青山のHPから行います。

申し込んで数日するとメールで受付番号を送って来ます。

申込みはそれだけです。

当日の朝は雨。

これがもしドリームのミーティングなら気が重いですが、カブなのでここぞとばかりです。

昨日、洗車したのがちょっと悔しい。

小雨ならポンチョでいいやと思ってたけど結構、雨降ってるのでカッパ着て出発です。

青山のホンダに着くと既にビルの前はカブだらけ!

早速受付して自分のカブも並べます。

並べ方は案内してくれるので、初めてでも迷いません。

近所に食べ物屋さんも沢山あるし、初めての人はメールに書いてある受付時間に着く事だけを気にしてれば大丈夫です。

では早速、みんなのカブを見て回ります。

自分のカブの隣にOHVが並びました。

こういう集まりに来ると、普段の街中ではまず出会う事の無い博物館級の古いカブが沢山居ます。

OHVが何台も居ます。

以前、テレビで世田谷ベースのOHVカブを見て気になってたんですよね。

今回、始めてOHVエンジンの生音を聴きました。

確かにOHCとは全然違う。

プッシュロッドのカシャカシャというメカニカルな音が聞こえます。

キャブの辺りからはシュポポポポポポと小気味良い吸気音が。

最近のひたすら静かなだけのバイク、いや自分のカブ70でも、これほど楽しい複数の唄声は聴けません。

この古いタイプのキャブ、堪りませんな!

古いですけどダウンドラフトです。

最新バイクだと吸気効率の為にダウンドラフトにしますが、この時代は配置の関係でこうなったらしいです。

流石にここまで古いタイプのキャブが付いてるバイクに乗った事はありませんが、いつか自分の手でオーバーホールしてニヤニヤしてみたいもんです。

しかもこのエンジン、オイルポンプが無いそうです。カムは下にあるからポンプで押し上げる必要も無いって事でしょう。オイルポンプをデカくする事に慣れてる最近のバイク乗りには驚愕です。

こんなの見てるだけで脳裏にカーグラTVのBGMが流れて来ます。

実は帰り道でOHVカブと一緒になり、少しの間ですが、一緒に走りました。

このOHVカブ、行きつけのバイク屋さんの店長も持ってるんですが

「これで走るのは怖い」

と言ってました。

自分で運転した事は無いのではっきりとは分からないですが、エンジンも車体も今時の車に混ざって走るのはキツいらしいです。

確かに3.1馬力のモンキーだとシグナルグランプリで軽トラに負ける事もあります。

まぁ、6馬力のカブ70でも最新の軽自動車に本気出されたら負けますが。

でも、こういうのは遅いのもご愛嬌です。

遅くないと見えない景色もありますから。

こんなのもありました。

小っこ〜いカブとそのお父さん。

良いっすねー。これは愛せます。でもこれ、フレームから何から大手術しないと無理ですよね、その情熱は格好良いです。

次はこれ。

カブF型!

スーパーカブじゃなくてカブです。

2スト50ccで1馬力だそうです。実物は初めて見ました。さすがにこれは博物館が似合います。でも、元の自転車が配達用のヤツなので積載量はかなり多いと思います。

このゴツいスタンド、荷物積載状態でもフラフラしないんですよね。

何気なく付いてるサドル、本革です。自転車乗りの世界では手入れと扱いの難しい上級者アイテムです。

こんなのもいました。

スポーツカブ・・・ですよね。

オーナーさんと話せなかったので詳しくは分かりませんが、昭和30年代に手の届く値段で買えるスポーツ車って感じで売り出されたそうです。

今で言えば250クラスのSSって感じなんでしょうね。

メッチャピカピカでした。吸い込まれるような赤、暫く見惚れてました。雨の中走るの嫌だったろ〜な。

バイクの夢の乗り物だった時代の浪漫を感じます。ウチのドリームもそっち系だけど、これは当時物ってのが凄い。

実は帰り際に暖機してたら、すぐそばでこのバイクが押し掛けしてました。

これも味のある良い音出してました。

そしてこっちは積載系カブ。

鉄カブ時代の大積載仕様はプレスカブと言って、カブに大きなカゴ付けたり小改造しただけの物だったんですが、インジェクション時代のカブプロはフレームからホイールサイズからして全てが違う本物の大量積載仕様になりました。

カブを買おうと思った時に好きなのは鉄カブだけど、カブプロだけは迷いました。

沢山積めるってのは、遊びの幅がメチャクチャ広がります。カブプロで年越し宗谷岬とか憧れます。

こっちは風防とハンドルカバー。

この2つの神器があると耐候性能はほぼ完璧になります。欲しい欲しいと思いつつまだ付けてないので憧れます。

農家カブ。良いですね。こういうのが走ってる田舎の味噌汁、美味そうです。

これは昭和感を醸し出してるようです。

スポークに付いてるチャラチャラした輪っか、最近見かけませんが、昔みんなチャリに付けてましたね。

これは純粋に経年劣化で錆び錆びって感じ?こういうのも哀愁漂います。使われなくなった線路みたいな。

こっちは緑カブです。ウチのカブは青なので改めて見ると緑も良いっすね。

僕の昭和カブのイメージって丸目鉄カブの青か緑なんです。

ウチの近所のそば屋さんが乗ってたから。

毎日、そば屋さんの前に止まってるカブを見ながら学校に行ってました。確か僕が小学3〜4年くらいの時に緑から青に乗り換えたと記憶してます。

幼稚園の頃から親父に連れられて毎週のように食べに行ったそば屋さん。ざるそばが美味かった!

たまに出前も頼みました。するとカブでウチまで来てくれます。出前機の揺れ方が面白くて、いつも走り去る後ろ姿を見てました。

僕が高校生になる頃には、マフラーに穴でも空いたのか、直管サウンドを奏でて走ってました。

音はデカかったけど、バイク大好き高校生ですからね、良い音だなぁと思ってました。

大人になってからも、そばが食いたくなると出前を頼みました。カブも見たかったし。

ある日、出前に来てもらったついでに、ウチに余ってたマフラー補修用の耐熱テープを巻いてあげました。

「おお!静かになったねぇ。ありがとよ、◯◯ちゃん(僕の幼少時のアダ名)」

直管サウンド、僕は好きだったけど、バイクに興味無い人にはうるさいだろうな、と思ってたので。

数年後、僕は仕事の都合で遠方に引っ越したり、結婚したり、子供が出来たりして、実家に帰る暇も殆どありませんでした。

さらに数年後、妻子も連れて実家に住む事になり、慌ただしかった引っ越し作業も終わりひと段落。

「そうだ、そば屋のおっちゃんに子供を見せに行くか。久しぶりに美味いそば食いたいし。」

妻と子供を連れて歩き出しました。

「今から行くそば屋さんはパパが幼稚園の頃から良く行った店なんだ。ざるそばが美味いぞ。」

あれ?地元なのに道、間違えたかな?

そば屋は此処の筈だけどな?

そば屋が見あたらず、しょうがなく帰宅して親父に聞きました。

「ああ、そば屋の◯◯さんは一昨年亡くなったぞ。店は閉めて今はアパートになってただろ?」

・・・亡くなったのか・・・

俺が幼稚園の時に既におじさんだったんだから、しょうがないけど・・・。

懐かしい思い出が、ひとつ消えちゃったような、少しだけ心に穴が開いたような。

それから数日後、道を歩いていると、前からカブが走って来ました。

自分の横を通り過ぎる時に、ふと見ると、マフラーに見覚えのある耐熱テープが!!

あ!と思ったのも一瞬。

カブはそのまま走り去って行きました。出前機も付けてなかったので、誰かが中古で買ったんでしょう。

そば屋のおっちゃんが乗ってた頃より綺麗だった。大事にされてるのかな。

乗り手が変わっても今でも元気に走ってくれてるカブ。

せめてパーツが出なくなるまで走り続けて欲しいと思いました。

おまけ

F1の鼻とケツです。

今日もらった参加記念品です。

ピンバッチですね。

ステッカー。カブ圏内ってのはカブで行ける圏内って事らしいですが、何処が圏外なんだろう?サービスエリアか。

じゃんけん大会でみんな色々もらってましたが僕は全敗しました。

そろそろ、カフェカブミーティングも終了時間になりました。

せっかく青山まで来たので寄り道して帰る事にしますか。

まず立ち寄ったのがカブよりベスパの方が似合いそうな汐留イタリア街。

綺麗な街並みですね。写真だと伝わりにくいですが、確かにイタリアに居るような気分になります。

次に寄ったのは晴海埠頭。

今はオリンピックの選手村の建設もほぼ終わり綺麗な街並みに変貌してました。昔は倉庫と貨物線と広場しか無いような族が集会してそうな場所だったのに。

次は青海に寄って海を見ます。

対岸の工業地帯の灯火が綺麗です。

すぐ近くにかつて有名になったバイクスポットがあるんですが、騒音問題で閉鎖になり警察も厳しくなったので今はバイクは居ません。

今日はノーマルのカブだったので寄ってみました。

そしてライコ東雲。

ここは場所柄なのか、いつも外車が多いんですよね。ここには他所では置いてないエンジンオイルがあるのでオイル変態としては見てるだけで楽しいです。そのうち試してみよ。

そして最後に道の駅市川。

ここも騒音問題でバイク禁止が危ぶまれてます。最近はマナーが改善してきたようで、駐車スペース以外の通路に駐輪するバイクは居なくなったようです。

夜中に集まる事自体がハタから見ると怖いって事らしいです。でも、みんなバイクが好きなだけの善良なバイク乗りばかりだと思うんですが。

バイクに乗ってるだけで”1%er”みたいな目で見られるんですかね。

カブならその心配は無さそうです。

帰りに立ち寄った場所で写真も撮りましたが、ぶっちゃけ、何処に寄ったか?は全然重要じゃありません。

バイクなんて走ってる時が一番楽しいんです。

何処に行くか?なんて実はどうでもいい事です。その為に重要なのは、走って楽しい道と、そこを走ると楽しい車種です。

裏路地をリッターSSで走っても楽しくないでしょ?

楽しさにとって重要な要素のひとつとして、パワーに対して道が広々してる事だと思います。

サーキットでも北海道でもアメリカでも広々感は東京の比じゃありません。

だから気持ち良いんじゃないかと思います。

深夜の3車線国道。リッターバイクだと”昼間よりはマシ”な程度だけど、カブやモンキーなら好きなだけ全開に出来ます。

こっちの方が楽しいと思うけどなぁ。

朝から晩までカブ三昧の一日、幸せでした。

それじゃ今回はこの辺で。