雨の日バイクの最強アイテム!ヘルメットシールド曇り止めはこれだ!

今回は雨の日にバイクに乗る際の最重要アイテムの話です。

ヘルメットのシールドにフィルムを貼ってシールドを二重構造にして曇り止めをしようという製品です。

個人的には雨の日のバイクに一番重要なのは視界の確保だと思ってます。

濡れても我慢できるけど、見えないと死にますからね。

若い頃は雨の日のバイクは憂鬱でした。

当時、1980年代には、シールドの曇り止めと言ったら、液体やクリーム状の曇り止めを塗るタイプしか無かったんですよ。

「これでも曇り止めなの??」って程度の効果しか無かった覚えがあります。

しっかり塗ってもしばらくすると効果が無くなったり、塗り方が下手だと表面が凸凹になって余計見にくかったり。

一部、最初からシールドが二重構造になってるメットも売ってましたけど、高かったので若僧には買えなかった覚えが。

今使ってるシールドフィルムを買うまでは最近の塗るタイプも使いましたが、昔のヤツより多少日持ちするようになったかな?という程度で、しばらくすると効果が無くなるのは昔のと同じでした。

今は良い時代です。

後付けのシールドのフィルムが安く買えるんですから。

初めて二重タイプを買った時は感動しました。

塗るタイプだと上手く塗っても塗った表面が多少は凸凹するんですよ。

そのせいで視界が歪んだり、晴れた時に乱反射したり、冬の雨の夜みたいな厳しい条件だと曇り止めしても効果無かったり。

二重タイプだとそれが無いのでかなりの悪条件でも視界が素晴らしくクリア!

晴れの日にギラギラする事もない。

しかも数ヶ月使い続けても、クリアな視界が全く変わらない!

世界が変わるとはこの事です!

雨の日にしか効果が体感出来ない、と言えばその通りですが、その効果がメチャクチャでかい!

断言しましょう。これは買う価値あります。

ただし、注意点もあります。

構造としては外側のシールドと内側のフィルムの間に空気の層を作って、外側と内側の温度差を緩衝して内側表面の結露が発生しにくくなる、という理屈です。

なので間にある空気の層は密閉されていないといけません。

OGKカブトの場合は、内側に取り付けるフィルム(商品名はピンロックシート)の縁に柔らかい樹脂の出っ張り(ピン)があって、これをシールドに押し付けて密閉される構造になっています。

押し付ける力はシールドの湾曲を利用します。

シールドを手で広げてシールドに元々付いているピンにシートを取り付けて、手を離すとシールドの湾曲力で元の形状に戻ると同時に内側にあるシートはピンに押されてシールド側に圧着されるという構造です。

この圧着力が長期間使用するうちに段々と弱まって来るんです。

原因は内側のシールドを拭く時に強く拭くとシートのロック部と柔らかい樹脂パーツが劣化して緩むからです。

ピン自体も増し締め出来るようになってますが、それでもいずれ緩んできます。

僕の場合は最初に買ったピンロックシートは雑に扱った為に1年で寿命が来ました。

寿命が来るとシールドとシートと間の空気の層に外気が入り込み、そこから曇ってきます。

その頃にはシールド自体も傷だらけだったので、消耗品だと思ってシールドとピンロックシートを交換しました。

両方で6千円位だったかな。

交換してからは丁寧に扱うようにしたら、2年ちょっと経ちましたが劣化も無くクリアな視界を保ってます。

丁寧というのは

・拭く時に強く拭かない。特に内側。

・柔らかい布やティッシュを使う。

・溶剤系の洗浄剤を使わない。

洗浄剤に関しては、下手に脱脂剤やアルコールを使うと表面処理を多少溶かしてしまうので、メガネを拭くように息をハーッっとかけてティッシュやメガネクロスで拭くのがベストなようです。

使うとしても普通の石鹸で充分です。

それからもうひとつの欠点。

シールドの二重構造が設定されていないヘルメットも多い!

僕のメットは最初からピンロックシートがオプション設定されているOGKのメットなのですが、そんな設定の無いメットも多いですね。

そんなメット用に汎用品も市販されてるようですが、汎用となるとシールドとシートの間の気密性が心配です。

対策案をひとつ紹介します。

僕が最初に買ったピンロックシートが劣化して曇るようになった後、

試しにアロンアルファで接着しちゃった事があります。

交換予定の新品のシールドとシートが届くまでの繋ぎのつもりだったんですが、気密性は完璧でしたね。

どうせすぐに替えちゃうから、と思って雑に作業したので見た目は汚いですが、シートを付けるとシートの範囲内でしか前を見ないようになるので実用上はこれでも全く不満はありませんでした。

汎用品の気密性に不満がある場合はアロンアルファ作戦もオススメです。

というわけで、雨の日に曇って困ってる人、今回の二重構造タイプのシールドはちゃんと気密性の高い物ならマジでオススメです。

よくバイク用品店にお試し用が置いてあったりするので、運良くあれば息ハーッして試してみてください。

では今回はこの辺で。