エンジンオイルを好きになった理由

今回はバイクのエンジンオイルの話です。

ぶっちゃけ、エンジンが壊れた経験が無ければ

「エンジンオイル?一応入ってりゃいいんでしょ」

と思ってる人も多いでしょうね。

僕も昔、そう思ってました。

だってエンジンオイルの交換なんてサボって全然交換しなくても、普通に走ってたから。

交換するとしても一番安いオイルとか。

そもそも、新車で買って数千キロ程度しか乗らずに売っちゃうなら、今どきの日本車が走れなくなる程壊れる事も少ないでしょうからね。

余程、目を三角にしてコーナー進入で「カメッ」とか言っちゃう人以外は。

(分からない人はバリバリ伝説を読んでね)。

僕がエンジンオイルに気を使うようになったのはホンダCR125というモトクロッサーを買ってからです。

サービスマニュアルにはホンダ純正オイルでいいよ!って書いてあったのでその通りにして走ってました。

でも、だんだん上手くなってくると平均速度が上がり、高回転域を使う時間もスロットル開度も増えて来ます。

ある日、いつものようにコースを走っているとエンジンから”カリカリッ”という音が聞こえました。

なんだ?と思って止まってみるとアイドリングせずにエンジンが止まりました。

帰宅してエンジンを開けてみると、ピストンとシリンダーに大きな傷が・・・。

抱き付きか⁉︎(焼き付きの一歩手前の状態)。

ピストンとシリンダーを交換してエンジンオイルを値段の高いヤツに変えてみました。

当時、レース用オイルの代名詞だったR30という植物オイルです。

独特の匂いから、サーキットの匂いなんて言われてました。

余談ですが、バイクに乗ってない時もこの匂いを嗅ぎたくて、オイルをタバコに塗って吸ったら気持ち悪くなりました。オススメしません。

そのオイルで走りまくって、以前と同じスパンでエンジンOHしてみると、シリンダーに全く傷が無い!

なんだこれ?オイルひとつでこんなに違うのか!

今考えれば、レーサーのエンジンなんて耐久性を削ってギリギリまでパワーを絞り出したフルチューンみたいなもんです。

だって125ccで40馬力ですからね。

下がスカスカで高回転域でドカンとパワーが出るジャジャ馬っぷりで言えば、後に買ったCR500より、この125の方が2ストらしさ満天でした。

以来、エンジンオイルに気を使うようになってからはエンジンが止まる程の大きなトラブルは無くなりました。

これは4ストでも同じでした。

CR500とほぼ同時期に乗っていたXR600。

これは本来、エンデューロレーサー、つまり耐久レース用なので、CRシリーズに比べたら、かなり丈夫なエンジンです。

勿論、ピークパワーは2ストには敵いませんが、パワーバンドが広く、どんな状況でもコンスタントに速いのは4ストのXRの方でした。

一部でオフ車界のカブと言われた、遅いけど耐久性の高いXRシリーズ。

と言っても当時の主流だった軽量ハイパワーな2ストオフ車勢と比べてですが。

XRの耐久性が高いと言っても、ウチのXR600はスーパーバイカーズ仕様にしてサーキットを走ったり、友達のリッターバイクと一緒にツーリングしたりしてたので、エンジンは結構ブン回しました。

空冷ビッグシングルをブン回したりすると油温が130〜140度くらいになる事も度々ありました。

その度にすぐにオイル交換してたので、排出したオイルを触ってみると色んな事が分かります。

・高温になった後でも粘り気を保っているか

・鉄粉が混じっていないか

・エンジン内の汚れをちゃんと吸収して黒くなっているか

・ガソリン臭くないか

何度も見ていると、どんなオイルが良いオイルなのか、だんだん分かってきました。

使用後の状態を見られる4ストオイルがだんだん好きになってきました。

だって2ストオイルは使用後を見られないですから。

2ストオイルの焼けた匂いも良いけど、4ストオイルは抜いた時の匂いも機械臭くて好きです。

バイクいじってるな、という気分になります。

余談ですが、4ストオイルもタバコに塗って吸いました。

2ストオイルと違って、あまり良く燃えませんでした。

しかも、やはり気持ち悪くなりました。オススメしません。

こうして、エンジンオイルによっては故障の原因になり兼ねないと分かってくると、エンジンオイルの事をもっと知りたくなりました。

ネット情報は情報量は多いけど、どれが正確な情報なのか分からないので、昔ながらの人に直接聞く方法をやりました。

まずは行きつけのバイク屋さんでオイルの事を聞きまくる。

そして、そのバイク屋さんに

オイルを納入しに来るオイルメーカーの営業さんに聞きまくる。

その時に他社オイルの事を聞いてみると、あまり大きな声で言えないような裏情報も教えてくれる事が多々ありました。

バイクを趣味にしていると有名なレース屋のパーツが欲しい、とかマニアックなショップでやってる特殊加工をしてみたい、とかディープなプロショップに行く事も多くなります。

そこでもオイルの事を聞くと、他の店で聞いた事とは違う事を言われる事もあるけど、ある程度みんなが共通して同じ事を言う事がいくつかある事が分かってきました。

この”プロの人達みんなが共通して言う事”が本物の情報なんだろうなと思いました。

このブログでは、その”本物の情報”を判断基準にしたエンジンオイルの選び方なんかも記事にしたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする