モンキーマジック〜小っこいバイクの自由の魔法〜

今回はモンキー(昔のキャブ車の50ccの方ね)の乗り味の話です。

モンキーで深夜の東京都心を散歩した時

モンキーで東京都心を夜散歩。自由を実感する方法!
今回は深夜の都心をモンキーで散歩したので、深夜なら空いてる所、穴場スポットなんかも紹介します。 バイクで走り出す時に"敢えて目的地を決めな...

のように、モンキーには他のバイクには無い、不思議な感覚になる事が度々あります。

ずっと乗っていたくなる、と言えば月並みな表現ですが、

どれだけ乗ってても飽きないか?

まだまだ走り続けたくなるか?

が、今まで乗ったどんなバイクよりも圧倒的に長い!

今まで乗ったバイク、の中には、ビッグシングルやハーレーや2スト500も含まれます。

もちろん、遅さではモンキーがダントツで1位です。

スーパーカブは毎日乗る人の為の完成された素晴らしい機械ですが、

ビジバイってのは、違う見方をすれば、乗りたくない日でも乗らなきゃいけないから、そこをサポートしてくれてる、とも言えます。

体調や天候が悪くても

“乗れるバイク”と

“乗りたくなるバイク”は違います。

モンキーの場合、

“ずっと乗っていたくなるバイク”

です。

他のバイクに乗ってると見えない景色がモンキーに乗ってると見えます。

遅いからだろ?と言われれば、その通りなんですが、それだけじゃないんですよ。

他のどんなバイクよりも気楽なんです。

リラックス出来ると言ってもいいかも。

そう感じる要素はいくつかありますが、遅さも重要な要素です。

単にパワーが無くて遅いだけ、というエンジンなら焦れったくてすぐに飽きちゃうでしょうね。

モンキーの横型エンジンは、単気筒エンジンのメリットを見事に引き出してると思います。

単気筒は元々、高回転化が苦手です。

なら無理して回転馬力を稼ぐ事を考えるより単気筒の長所を伸ばした方が、理に適ってるって事でしょうね。

ロングストローク化して、フライホイールマスを重くして、低中回転域でのトルクと粘りを増やし、回さずにトルクに乗せて加速するエンジン。

これを50ccという小さい排気量でやった事によって、すぐに高速域に達しないという短所が、空いてる道では長所となり、単気筒ならではの”トトトト”という鼓動を感じてながらの加速がずっと続きます。

モンキーはこれが長く続くのでトコトコ散歩してるような気分になります。

あと、ポジションがソファーに座ってる時みたいな手足の力が抜ける位置関係です。

大型車だと車格の関係で、どうしてもハンドルが遠くなるので、ある程度腕を伸ばす必要があり、攻めてる時ならまだしも、のんびり走る時に何時間も伸ばしっ放しというのも疲れるもんです。

モンキーの新型インジェクションの125ccのポジションはイイ線行ってるんですが、50と比べるとシートとステップとハンドルを結ぶ三角形が大きく、足も少しは踏ん張らないといけないので、50のポジション程には脱力出来ません。

ただ、この三角形が小さ過ぎても必要な時に踏ん張りが効かないので、スポーツライティングには125のポジションの方が向いてると思います。

また50の場合、8インチな上にサスペンションが有って無いようなもんなので、衝撃吸収性は最悪ですが、代わりにタイヤのジャイロ効果が少なく、究極の切り返しの軽さを感じられます。

軽さと言えば、車体の軽さはもちろん、エンジンも軽い上に重心が低いので、実際の車重以上に軽く感じます。

Uターンでフラフラしたり立ちゴケする事はまずありません。

更には、濡れた白線やマンホールで滑っても簡単に足で支えられるので、そうそう転ぶ事もありません。

低重心と軽さのお陰です。

これが気楽さや安心感にも繋がっています。

このお陰で、ごちゃごちゃした下町をちょっと散歩してみようという気になるし、自然の多い所なら少し脇道を探検してみようとか、広い道をのんびりと何処までも走ってみようとか。

ポジションが楽で軽くて小さいからこそ、意外と頑丈です。

コケてもぶつけても壊れないという意味です。

これは僕自身が20年かけて数えきれない転倒と2度の事故で実証済みです。

軽い事は勿論、小さいので結果的に剛性が高いようです。

そしてスーパーカブ系列の横型エンジンは故障の心配は不要。

本当に走れなくなっても折り畳みハンドルのお陰でトランポでは無い普通の車に載せられます。

となると・・・

何かあっても何とかなるような気がする

何処までも行けそうな気がする

何でも出来そうな気がする

自由を手に入れた気がする

幸せ=自由、とするなら

これがモンキーの幸せ方程式です。

そしてモンキーには意外なスポーツ性能があります。

カリカリチューニングのモンキーじゃなくてノーマルのモンキーで、です。

何処にでもあるような時速5キロとか10キロとかで曲がるような超低速コーナー。

要するに普通の交差点みたいな所を曲がる時、みんな歩くような速度まで落としますよね。

そんな時、大きなバイクの場合、重心が高く、操安性ももっと高速なコーナーに合わせてステアリングが切れるようなキャスターとトレールになってるので、普段からジムカーナでもやってない限り、超低速では怖くてバイクを寝かせたり出来ません。

ところが、モンキーなら出来るんです。

普通のバイクよりホイールベースが極端に短く、重心の低さもスーパーカブ以上!

そして極低速で思いのほか粘るエンジン。

これらの条件の組み合わせにより、ノーマルモンキーなら、時速5〜10キロのコーナーでステップを擦るまで寝かせる事が出来ます。

しかも安定して。

さらに「ワザとじゃないのか?」と思ってしまう可倒式のステップ。

ここで固定式のステップだとカブやエイプみたいにステップゴムが路面に引っかかって、怖い思いをする所ですが、モンキーの可倒式ステップならステップを擦っても車体がグラッと来る事はありません。

わざわざ2時間かけてワインディングまで行かなくても、近所で楽しめるのは、このサイズと車体のセッティングあればこそです。

もし、突然、障害物が出現しても、この速度ならその場で止まれます。

これが40〜50キロ出るようなコーナーなら、そうは行きません。

もし単独転倒だとしても、速度が上がれば修理代も上がります。

せっかく買ったバイクを日曜日しか楽しめないか、毎日楽しめるのか、大きな差です。

そしてモンキーはウィリーの練習も簡単です。

ウィリーの練習でコケるパターンって、1番痛いバク転です。

左右にはまずコケません。足着けるから。

モンキーなら他に類を見ない足付き性のお陰でバク転もしません。

ウィリー状態での足付き性の事です。

短いホイールベースのお陰でバイクがフロントアップした状態での足付き性がメチャクチャ良いんです。

しかもモンキーの1速で出る程度の速度なので捲れた後に走らないとバイクだけどっか行っちゃうような速度は出ません。

近所で手軽に安全に楽しめる!

その気になれば遠出も出来る。

こんなに万能なコスパの高いバイクを他に知りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする