モンキー(50)で楽しめるリアサスは?

今回はモンキー(50)のリアサスの話です。

ウチのモンキーはノーマルです。

モンキーってバリバリに改造する人が多いですよね。

気持ちは分かります。

あんな小っこいオモチャみたいなバイク。

オモチャのクセに自分が乗って走れる!

そりゃあ変化を楽しんで遊びたくもなりますよ。

ただ、僕の場合、大型バイクでの経験から、改造ってのは少しずつレーシングマシンに近づけていく事のような気がします。

エンジンのパワーを上げたり、コーナーでフルバンクした時に安定するようなサスペンションに換えたり。

だったら始めからレーシングマシンに乗った方が早いだろ?

と思って若かりし僕はレーシングマシンに乗りました。

サーキット専用のレーサーもあったし、通関証付きのレーサーを買って公道用に登録したりもしました。

今より、そういう事がやり易い時代だったってのもあります。

その結果、分かった事があります。

レーサーは公道では遅い!

もちろん、サーキットさながらの走り方をすれば、瞬間的には速いです。

でも、そんな事、長期間は出来ません。

いろんな意味で。

レーサーは遅いと言った真意は、保守や維持、人間の体力気力、使い勝手も含めて長期間、楽しみながら走り続けられるか?と言う意味です。

それを考えるとノーマルパーツのバランスと耐久性は馬鹿に出来ません。

僕はモンキーの走行性能が好きです。

速く走る為の性能じゃありません。

そんなのは、速く走れるようにバランス良く設計されたバイクに任せとけばいいのです。

のんびり走った時に、乗り手を幸せな気分にしてくれるか?

という性能です。

のんびり走らないと見えない景色。

2スト500ccに乗ってた時は見えなかった景色、空気の匂い。

田舎道を時速30キロで走った時の草の香り。

ノーマルマフラーだから聞こえる鈴虫の音色。

そういうのんびりした世界がある事をバイク仲間から聞いてはいましたが、体験してみると

「こんなに気持ち良いもんだったのか!」と。

まるで

金色の野に降り立った青き衣を纏いた者に青き清浄の地に導かれた・・・

ような、気分でした。

同じのんびり系バイクでも、以前乗ってた大型アメリカンでは、ここまでの開放感はありませんでした。

多分、速度域が高い事と、重いので脱力しきれていなかったせいかな?と思います。

もちろん、モンキーより早く遠くまで行けますが、急いじゃったら本末転倒なので。

アメリカンバイク特有の世界もあるので、それはそれで楽しかったですがね。

まぁそんな感じで、このモンキーに関しては

“のんびり走った時の気持ち良さを極めよう”

というコンセプトでパーツも選ぶ事にしました。

XR100モタードに付いてるオーリンズに教えてもらった事として

“サスは良く動かした方が楽しい”

というのがあります。

オーリンズは調整幅が広いので色々なセッティングを試せます。

サーキットでは速さ優先である程度ガチガチにしますが、街乗りでは、適度に柔らかくないとゴツゴツした乗り心地になり、あんまり楽しくないんです。

街乗りなら、その荷重域の中でしっかりストロークさせる。

これが出来ると人車一体感を感じられて、乗ってるだけで楽しくなります。

モンキーは最初はノーマルのリアサスを付けてたんですが、流石に雨でも構わず15年位乗るとスッカスカになりました。

其処彼処で底突きしまくってたので、試しに武川のリアサスを入れました。

確かに底突きはしにくくなりました。

それでも大きめの段差ではガツンと来る。

バネレートがノーマルより高く、リバウンドダンパーが調整出来ないので、ガツンと来た後のお釣りがデカい!

ぶっちゃけ、乗り心地はあまり良くありません。

腰痛にもなります。

再度、リアサスを変えたくなりました。

重視するのは最初のコンセプト通り、のんびり走った時の気持ち良さ、です。

大事なのはバネレートとリバウンドダンパーのバランス。

モンキー用のオーリンズも考えました。

が、超高級品のクセにリバウンドアジャスターが無い!

次に候補に挙がったのはモンキー乗りの間で好評なデイトナのリアサス。

リバウンドアジャスターもあるし、ストロークも少し伸びるみたい。

これは良さそう、と思ったら元々はラインナップのあった赤スプリングが生産中止!

モンキーは可愛らしいペットですから、見た目も大事。

武川の赤スプリングはノーマルの赤タンクに似合っててお気に入りでした。

怪しげな何処かの国で作ってそうな安物サスは除外すると、残りはノーマル?

ノーマルなら年式違いなら赤スプリングがあります。

流石にヘタる前のノーマルの乗り心地なんて、何となくしか覚えてないですが、天下のノーマル、バランスは良い筈。

ノーマルに決定です。

で取り寄せたノーマルサス。ホントはこの色のモンキーのノーマルはシルバーメッキなんですが、赤スプリングが好きなのでキャブ車の中で色違いのこの色にしました。

スプリングの線径が武川は6.2ミリ、ノーマルは5.3ミリでした。

ダンパーの径は武川は32ミリ、ノーマルは18ミリでした。

取付時、ネジ山にグリスを塗ったので締付トルクはとりあえず2.5キロ。緩むようなら増し締めします。

武川との違いを感覚を忘れる前にインプレします。

以前、スカスカに抜けたノーマルサスを付けてた頃によく底突きしてた近所の段差。

武川だと底突きはしないけど、ゴツっとした硬い感触があった後、揺り返しもドスっという硬い感じ。

同じ場所を新品ノーマルサスで越えてみます。

底突きはしません。

ショックはあるけど、角が取れた円やかな感じ。

揺り返しもあるけど少ない。

こうしてみると、武川のサスが単に硬いってんじゃなくて、動きが渋いと言うか、フリクションが多いと言うか、ローション付け忘れた◯◯◯と言うか、少なくともオーリンズのダンパー硬めた時の硬さとは明らかに違う。

ノーマルサスが柔らか過ぎると思ってたのは、単にヘタってただけで、ノーマルって結構良いサスなんじゃないか?という疑惑。

そういえば、この新品ノーマルサスの価格。左右で1万五千円位でした。

武川が確か1万くらいだったかな?

デイトナは定価だと3万弱。

巷の安物サスはだいたい数千円。

オーリンズは9万だっけ。

これ見て、ノーマルって高いと思いますか?

何の調整機構も無いのにこの値段・・。

僕は安いと思ってます。

サスペンション以外のパーツでも純正パーツってコスパ高いですよね。

理由はもちろん、大量生産するから安く作れる為です。

大メーカーならではの価格設定って事です。

高価なサスペンションの車両に乗った事がある人は分かると思います。

サスペンションの性能とは、フリクションどれだけ減らせるか?です。

例えばSS系のバイクでフロントフォークが伸縮する時、インナーチューブを締め付けているダストシールとオイルシールが抵抗になります。

この抵抗が強いと、スムーズに伸縮出来ず、小さなギャップを越えた程度では、素早く伸縮出来なくて、乗り手はコツコツという細かい衝撃を感じます。

こうなるとタイヤが地面に押し付けられる圧力が刻々と変わるのでタイヤのグリップ力を100%引き出せません。

凸凹の路面でフルバンクしてるような物です。

だからロードレース用のバイクだとダストシールが付いてない物もあるくらいです。

そういうバイクはゆっくり走った時の乗り心地はメチャクチャ良いです。

公道でダストシール無しは無理ですが、いいセンいってるのがオーリンズだと思います。

ただ、モンキー用としては、あの車体でサスの性能だけ極端に良くしても限界があるので、バランス重視で割り切って乗った方が幸せになれる気がして、そこそこの値段でなるべくフリクションの少なそうな物、耐久性の高そうな物という基準で今回はノーマルを選びました。

因みにノーマルでもステップ擦るような走りも出来るし、極端に大きな段差でなければ底付き擦る事もなく、充分に楽しく走れます。

逆に言えば、上級テクニックを使わず、時速5キロでステップ擦って楽しめるなんて、この車格じゃなきゃ出来ないんじゃないですかね。

まとめ。

普通の車格のバイクに求めるような要素は捨てて、この小ささだからこその長所を楽しみ、耐久性やバランスを考えてたら、ノーマルってやっぱ良く出来てんな、というのが印象です。

では今回はこの辺で。