オーリンズのリアサスをインプレ。XR100モタードにエイプ用オーリンズ。

今回はカスタムパーツインプレ、オーリンズのリアサス編です。

オーリンズを装着してあるのはXR100モタードです。XR100モタード

実はこれ、装着したのは、もう何年も前です。

XR100モタード用というのはラインナップに無かったのでエイプ用です。

エイプ用という言葉でXR100モタードのノーマルサスと比べると取付け長が確か5ミリ程長いです。

まぁその程度ならセッティングで何とかなるだろ、と取付けました。

元はと言えばノーマルサスが完全に街乗りしか考えてないフニャフニャサスだったので、当時、サーキット大好きだった僕は、タケガワのリアサスを入れたんです。

確か1万円位だったかな。

そしたら、タケガワはイニシャル調整はあるけど、ダンパー調整が無いのでサーキットには完全に役不足!

タケガワは、街乗りしかしないけど、もう少しノーマルのフニャフニャ感を何とかしたい、という体重の重い人向けです。

ダンパー、特にリバンウド側の減衰が弱過ぎるとフルバンク中にリアが滑った時の滑り方が、一気にツルッと滑って怖い思いをするので、もっと本格的なサスを探しました。

候補に上がったのはオーリンズとアイファクトリー。

アイファクトリーってのは、簡単に言えばレース屋です。

レース屋と言っても普通のバイクも売ってるみたいですが。

当時の値段はオーリンズが約12万位、アイファクトリーが約10万位だったと思います。

今はオーリンズでも車高調無しの廉価版もあるみたいですね。

買ったのは高い方ですが。

オーリンズを選んだ一番の理由は、補修パーツが何年あるか?です。

単純に大きな会社の方が多くの補修パーツをストックする余裕もあるだろう、と思ったので。

高額なパーツを付けた以上、長く使い続けたいですからね。

僕には理想のサスのイメージがあります。

若い頃に乗ってたHRCのRS250という

2スト250のレーサーです。

主に筑波サーキット、たまに練習として都民モーターランドや山梨スポーツランドを走ってました。

同じ場所で他のバイクと比べると

“タイヤが路面に吸い付いてる感じ”

がハンパない!

感覚的には

“ほとんど揺れない”

ような感じ。

勿論、スリックタイヤですからタイヤの性能差もあると思いますが、

印象としては、とにかく気持ち良い!

出来る事ならこれでツーリング行きたい、と思っちゃうほど。

このサスの良さはモトクロッサー以上です。

CR500のモタード仕様で同じ場所を走った時との比較です。

モトクロッサーのサスも市販車に比べたら良く吸い付きますが、ロードレーサーはレベルが違いました。

まぁダストシールの要らないロードレーサーだからこそ、そこまでフリクションを減らせるんですけどね。

要はサスの良さってのは、路面の凸凹に対して、どれだけ素早く動いて、その後、揺り返し無くピタリと止まるか?だと思います。

ただしこれは性能を求めた場合です。

のんびりツーリングの場合は、ある程度ボヨンボヨンしてくれた方が楽しい場合もあるので、これは別の記事にも書きます。

そんなこんなで、良いサスのイメージを求めて買ったオーリンズ。

結論から言うとロードレーサーのレベルには届きませんがモトクロッサーレベルにはなったと思います。

ただ、リアサスだけ良くなったのでフロントは追いついて無いですが、セッティングで多少ごまかしてます。

これもいずれ別の記事で。

オーリンズの良い所は、セッティングの幅が広くて、その違いが分かりやすい所です。

サーキットを走る時は車高上げて伸びダンパー強くして旋回性とリアが滑った時のコントール性を重視したセッティングにします。

伸びダンパーを効かせるとリアがニュルニュル滑るんですよ。

リアの車高を上げるとコーナー進入で寝かした瞬間、フロントがスパッとインに入ります。

サーキットで超本気モードの時はリンクも変えて超旋回仕様にする事もあります。レバー比が変わり、フルバンクした時にアンチスクワットが良く効くようになり、NSR軍団と同等レベルで曲がれるようになります。

ただ、このまま街乗りすると交差点を曲がる時にフロントが切れ込み過ぎたり、車線変更で切り返す時に、リーンが重く感じたりします。

なので街乗りのんびりモードの時はセッティングを戻します。

これがセッティング変更だけで対処出来るのが超便利です。

因みにジムカーナの時は街乗りとサーキットの中間くらいのセッティングにします。

ウィリー練習の時はリアの車高を下げて、フロントは底突きしないよう少し硬めに。

という感じで、何処をどう走るか?によってセッティングを変えて遊んでいます。

調整範囲はイニシャルが無段階、車高調整は5ミリなのでリアアクスルで10〜15ミリ位、ダンピングはコンプ側20段、リバンウド側30段あります。

買ってから走行2万キロ位は性能劣化は感じませんでした。

2万キロ位の時にオーバーホールしましたが、オーリンズならオーバーホール時についでにモディファイも出来るので、ストロークの奥で踏ん張りが強くなるようにダンピング特性を変えてもらいました。

というのも、良く動くサス、つまりフリクションの少ないサスに乗ると、違いが分かるんです。

以前、ゼファーに乗っていた時に付いていたリアサスは、ダンパーはダイヤル式で確か5段階位でカチカチと回すタイプ。

そして1クリック毎の差がかなり大きい。

ピンと来ましたか?

フリクションの大きいサスは1クリック毎の差を大きくしないと、フリクションに阻まれて違いが分からないんです。

フリクションの少ないサスなら少し変えたら、その違いが分かります。

値段の高いサスは、そこが違います。

その効果がRSで僕が感動した

“路面に吸い付く感じ”

です。

今回のオーリンズは、あくまで公道用として最低限の耐久性を持たせる必要があったのでしょう。

ロードレーサーほどのローフリクションは実現出来なかったようですが、耐久性との両立を思えば、良く出来てると思います。

ただし、公道をのんびりと走るだけの用途の人にはノーマルサスをオススメします。

例えばモンキーとかカブとか、車種によってはダンパーが殆ど効いてなくて、小さなギャップに乗っただけでボヨンボヨン揺れるようなノーマルサスもあります。

でも限界走行しないなら、フルバンクしてタイヤの端っこを潰しまくって接地面積の変化がスライドコントロールに大きな影響を及ぼすような走り方をしないなら・・・

ダンパーなんて弱い方が楽しいんです。

ダンパーを効かせると少なからず、ケツに伝わって来る感触が硬くゴツゴツした感じになります。

このゴツゴツが疲労感や腰痛の原因になる事もあります。

そして切り返しが重くなり、まるで車重の重いバイクに乗り換えたかのような感触になります。

何故かと言うと

リーンする時、例え無意識でもイン側ステップに荷重します。

その時、足からステップに下に押す力が加わり、サスがすぐに縮んでタイヤをアウト側に押し出し、重心つまりエンジン周辺をイン側に倒し混むまで下に押す力を蓄え続けてくれています。

サスがそういうサポートをしてくれてるから、軽い力でリーン出来て車重が軽く感じるんです。

限界走行の場合は最初の足からの入力自体が極端に強く、入力時間も長いのでダンパーが弱いと腰砕け感が出てしまいます。

と同時に車重が重いようなリーンが遅いような感覚はありますが、スポーツ走行するなら、それを差し引いても揺り戻しが少なく、スライドコントロールし易い方を優先します。

でものんびりとツーリングするなら、楽しさが最優先です。

その為にダンパーもイニシャルも必要最小限まで弱く、少ない入力でもバイクが軽く動いてくれるセッティングの方が楽しいという事です。

このオーリンズの場合は

柔らかくも固くも出来ます。

自分好みにモディファイする事も出来ます。

車高調でハンドリング特性を変化させられます。

でも全て、スポーツ走行寄りにも振れる、両立出来るという意味で、です。

それにリアを変えたらフロントも変えないとバランスがおかしくなる事もあります。

また、キャブセッティングとかと違って、足周りのセッティングには、これが正解、というゴールがありません。

場所やペースによってベストセッティングが刻々と変わるからです。

逆に言えば、いつまでも自分のバイクの変化を楽しみ続けられるという事でもありますが、

例えレース経験者でも1発でベストセッティングなんて出ませんから、

暫くは気持ち良いセッティングが見つかるまで何回もアジャスターをカチカチと弄くる日々になります。

まぁ慣れれば苦じゃないですけどね。

何処をどう変えると走りがどう変わるのか?

慣れれば慣れるほど、バイクが自分の手足になって来るような感覚は何とも言えない幸せな時間です。

最近流行りの電子制御のサスはスイッチひとつで全てを変えられて便利だとは思います。

その内、アプリとかで現場で一瞬にして細かいセッティングまで出来るようになるんでしょうね。

そこまで出来れば楽しそうです。

ただ、現時点では

どれだけ各部を個々に弄れるか?

についてはアナログなサスの方がまだ先を行ってます。

面倒臭いかも知れませんが、その手間暇を掛ける時間も贅沢な趣味の時間ですからね。

特にバイク乗りは、

敢えて不便を高額で買うような

不憫な生き物です。

“不便だからこそ楽しい事もある”

と思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

だって便利なだけならバイクよりスクーターに乗りますよね。

GTRよりハチロクが楽しいと思えるような人もね。

この贅沢な自己満足にどこまで没頭出来るか?

この上なく幸せな人生ですね。

結局は、高い物は良い、んじゃなくて自分の用途に合ってる物は良い、って事ですね。

自己満足も立派な用途です。

それじゃ今回はこの辺で。