雨降ってきた。さぁバイクに乗ろう!

今回のテーマは雨とバイクです。

後半で雨の日にこそ出来るバイク遊びを紹介します。

バイク乗りは雨が嫌いです。

滑る、濡れる、蒸れる、汚れる、寒い、シールド曇る、景色悪い、チェーン掃除必須、とロクな事がありません。

バイクによっては、

ファンネルから雨吸ってオイルが乳化したり、

パワフィルが濡れてエンジン止まったり、

プラグキャップ内に水が溜まってエンジン止まったり、

ハンドルロックのキーシリンダーに泥が入ってハンドルロックがロックしたり、

旧車だとウィンカーとテールランプのレンズ内がチャプンチャプンになったり、

スピードメーターの内側が曇って見えなくなったり、

様々なミラクルが起こります。

それぞれに対処法はあるんですが、それはまた別の記事で。

また、カッパ選びと雨用グローブやブーツ、ヘルメットのシールドの曇り対策については別記事にまとめます。

本題です。

せっかくの休日が雨だった。

でもバイクが大好きでバイクには乗りたい。

そんな人への提案です。

雨の日にこそじっくりメンテするってのも得策だし、バイク愛が深まるので、それも楽しいんですが、ここでは乗る事に絞ってみます。

ただ、車種によって、どんな乗り方に適してるか得手不得手があるんで、アクション編とのんびり編に分けてみました。

第1章アクション編

アクション編では雨の日にこそチャレンジしてもらいたい、ブレーキターンとアクセルターンです。

これに適したバイクは一言で言えば、ステップが普通の位置に付いてるバイクです。

アメリカンのフォワードコントロールみたいに極端に前に付いてると、出来ない訳じゃ無いけど、ステップ荷重出来なくて慣れてないとやりにくいので、普通にケツを浮かせられる程度に後ろなら良いです。

車重は、まぁ軽い方が楽ですけど、少なくともブレーキターンまでなら多少重くても、すぐに慣れます。

逆にアクセルターンは軽い方が楽です。

正確には軽くてハンドルが高くて、バイクを傾けた時に手で支えるのが楽なバイクです。

ホントはオフ車が1番良いんですが、コツが分かればオフ車じゃなくても大丈夫です。

詳しいテクニック解説は長くなるので、また別に記事をまとめます。

簡単なのはブレーキターンです。

晴れの日にあまり沢山やると、タイヤにフラットスポットが出来て、修正するにはアクセルターンするしかないんですが、

雨なら気になるようなレベルのフラットスポットは出来ません。

それでも全く出来ないとは言い切れないので、その時はタイヤは消耗品だと割り切って下さい。

ブレーキターンは知ってる人も多いと思いますが、リアブレーキでリアをロックさせて、バイクを傾ければバイクがターンするという技です。

ブレーキターンと言うと、良く見かける解説が、極低速で走って来て、左足を出しておいてすぐに足を着けるようにしましょう、ってヤツです。

停止時に立ちゴケしちゃうようなら、これでも良いですが、少し慣れて来たら、ニーグリップする事をお勧めします。

ニーグリップの威力って凄いですよ?

タイヤが滑ると怖いのって、ツルッと一気に行っちゃいそうで怖いんですよね。

でも、ニーグリップを強めにしっかりして、少し前に座って、頭の位置も多少前めにすれば、驚くほどコントロール性が上がります。

滑り出す瞬間、ブレーキの加減により、ズルっと滑り出したのか、ジリジリと滑り出したのか分かるようになります。

そしたら怖さは無くなり、楽しさだけになります。

アクセルターンはやり方次第では危険を伴う事もあるので、かなり詳細に解説記事を書く予定です。

でも出来るようになれば、超楽しい事は保証します。

あとは雨とかあんまり関係ないけどスタンディングスティルとかね。これが出来ると信号待ちですら楽しくなるし、Uターンやちょっとした一時停止とかまで、全ての動きが安定して乗るのが楽しくなります。

第2章のんびり編

のんびり編では小難しいライティングテクニックは全く必要ない、とにかくのんびりと雨の中を走ろうよ、という話です。

ツーリング先で雨が降って来ちゃったとか、目的地に向かって移動してるのに雨に降られた、とかじゃなく、敢えて雨の日のバイクを楽しもうって事です。

普通なら嫌ですよね。

雨でバイクなんて。

でも、雨の中を一日中、バイクで走り回っても何処にも水が浸みて来ず、冷たくも寒くもなく、シールドが曇る事もなく、まるで車のように快適だったら?

あなたはキャンプに行ったりテントや寝袋で寝た事はありますか?

大自然の中で様々な困難を優れた道具の力を借りながら克服し、家に居ては味わえない生きてる実感を満喫する。

もちろん、快適性だけで言えば綺麗な温泉旅館に泊まってフカフカの布団で寝た方が圧倒的に快適です。

でも、それじゃ得られない達成感と感動は、ある程度の困難を乗り越えた時に生まれます。

一部のコアなバイク乗りの中には、初日の出を見る為に、大晦日に北海道の宗谷岬にツーリングに行く人達が居ます。

日本の最北端です。

北海道に住んでる人ならともかく、雪に慣れてない人にとっては、冬の北海道なんてツーリングというよりアドベンチャーです。

僕自身、まだ初日の出宗谷岬は行った事ありませんが、いつか行ってみたいと憧れてます。

少し話が大袈裟になりましたが、困難を克服する喜びもあると言いたかったんです。

僕は普段、東京の街中を仕事や遊びで走ってます。

とりあえず東京の悪天候程度であれば、雨でも台風でも別に気にならない、という程度の経験値は手に入れました。

たまに東京にも雪が降ります。

雪国の雪とは比較にならないですけどね。

でも雪が降ると嬉しくなります。

自分の経験値を上げるチャンスだから。

どっちにしろ、仕事で乗らなくちゃいけないんだから、どうせなら楽しみたいって感じですけどね。

でも休みの日でも用事が無ければバイクに乗ります。

どんな天気でも。

雨の日って不思議なんですよ。

雨の休日に、車の少ない広い道をのんびり走ってると、

メットに当たる雨音の他に、晴れの日には聞こえないバイクの音、エンジンの内部の音だったり、タイヤやチェーンの音だったり、色んな音が聞こえるような気がするんです。

気のせいだろ?と言われればそうかもしれませんが、雨用にキャブのエアスクリューをグリグリ回してエンジンが軽くフケたりすると、バイク愛が深まります。

悪天候だからこそ、いつまでも走っていたい。

そんなマゾな感覚に襲われた事が何度もあります。

そして、当たり前ですが、雨の日はバイクスポットが空いてます。

バイク用品店に行けばガラガラなのでソファーに座ってマンガ読んだり、バイカーズカフェに行けば客は自分だけだったりします。

雨の日のバイカーズカフェのコーヒーはマジで美味いです。

そんな時に、カフェのマスターとゆっくりバイクの話をすると、自分の知らない事を教えてくれたりして思いのほか楽しかったりします。

雨の日にしか味わえないバイクの楽しみを是非感じてください。

バイクが更に楽しくなる事は保証します。