所有バイク紹介XR100モタード

大型バイクに乗っていた頃からモタードが好きでした。
それこそモタードなんて言葉が無くて、まだスーパーバイカーズなんて呼ばれてた頃から。

まだモタードの市販車なんて売って無かった頃、オフ車を改造してスーパーバイカーズ仕様にして乗りまくりました。
DT200R、DR350、XR600、CR500。
みんな前輪を小径化、セッティングが出れば後輪も小径化して街乗り&ショートサーキットで遊びまくりました。

小排気量が好きになった頃
(詳細は”なぜ小さいバイクが楽しいと思ったのか?”に書きます)
ちょうど当時のモタードブームに乗ってこのバイクが発売され、
「これは俺の為に開発されたバイクだ」
と発売日に新車購入しました。

元々好きだったモタードと段々分かって来た小排気量の楽しさの組み合わせ。
イメージしてたのは怖くない速度域でのウイリーとスライド。
ウイリーとスライドって、車重が軽くてトルクが有れば簡単だと思ってました。
でもそんなに単純じゃなかった。

確かにやりやすい事と言えばそうなんですが、排気量と共に速度域も上がっちゃう。
CR500の時なんて安心してパワースライド出来たのはサーキットの中だけです。
公道はともかく、近所の練習場とかの速度域で思い切り遊びたい。

このバイクはそれを実現してくれます。
これでウイリー練習したりミニバイクサーキットに通ったり。
使い方が激しいのか、しょっちゅう消耗部品を交換してます。
消耗部品代を合計すると新車が買える程、交換しました。

これを書いてる最中もクランクケースを交換中です。
このバイクも当分手放す事は無さそうです。
今、所有してるバイク達はそれぞれ個性がありますが、振り回して楽しむという意味では、これがダントツトップです。
そして振り回してる時こそ、軽量小型バイクの真骨頂だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする